研究テーマ・実績

高村研究室とSDGsの取り組み

国際的な目標であるSDGs(持続可能な開発目標)を実現させるために、高村研究室では、再生可能エネルギーの利用、高断熱、高効率設備を導入して、省エネルギーを達成し、資源循環が可能となる建築資材を使用した建築物の開発などのために、以下のような研究を行っています。

研究テーマ

下水熱利用ヒートポンプの性能評価

長野県小諸市の病院を対象に、下水熱を利用したヒートポンプの性能を検証する。下水温度計測や運用データの分析から、下水熱利用による省エネ効果や高効率に運用するための方法を明らかにし、下水熱利用の普及拡大の一助とする。

病院と市庁舎間における熱融通効果の検証

長野県小諸市の総合病院と市庁舎に導入されている熱融通の効果検証を行う。BEMSデータの実績値より熱融通の効果的な条件を明らかにすることで、熱融通システムの設計手法の提案を行う。

シート状潜熱蓄熱材のダイレクトゲインに関する効果検証

シミュレーションと実測によって、シート状潜熱蓄熱材の暖房負荷削減効果や室内温度安定効果の実態を明らかにすることを目的とする。

外断熱・二重通気工法の排熱効果の定量化と最適仕様の検討

ZEHの普及やHEAT20の発足等により住宅の高断熱・高気密化が進んだ一方で、夏期においては、その高い断熱性能ゆえに熱ごもりが生じる問題が懸念されている。そこで熱ごもりに対して有効な排熱効果を有する外断熱・二重通気工法について、実測とシミュレーションにより排熱効果の定量化と最適仕様の検討を行う。

集合住宅における壁体内空気循環暖房システムに関する研究

集合住宅に導入された壁体内空気循環暖房システムについて室内温度や消費電力量などの計測やシミュレーションを行うことでシステムの稼働状況や快適性などを明らかにする。

住宅建設時に発生する廃棄物のゼロエミッション化

長野県長野市の一般住宅を対象に、建設時に発生する廃棄物の計測を行い、発生実態を把握する。それら廃棄物の単純焼却、埋立処分を無くし全てを再資源化すること(ゼロエミッション)を実現するために、削減方法やリサイクル可能な代替資材を検討する。

家庭用燃料電池・太陽光発電・蓄電池を導入した住宅に関する研究

寒冷地や温暖地に立地する戸建て住宅と避難住宅を対象に、データの計測やシミュレーションを行い、災害が発生し電力供給が断たれた場合の、住宅の生活継続性を検討する。

信州大学工学部におけるスマートキャンパス化に関する研究

信州大学工学部を対象として、スマートキャンパス化を行っている。電力消費量の実態把握から、電力消費量の建物の原因究明や具体的な対策の検討を行い、省エネルギー化を図る。

ゼミテーマ

建築学科棟のZEB改修に向けた事前調査

信州大学工学部建築学科棟の温湿度、CO₂濃度、水道使用量、電力量とキャンパス内の共同溝内温度の5つをZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)改修を想定して計測と分析を行っている。

木製フレームハウスの優位性の評価

長野県飯綱町にある木製フレームハウスの断熱性能を評価し、省エネルギー効果の定量化を実施する。一般的なビニールハウスには構造部材として鉄が使用されるが、対象のビニールハウスでは、鉄に比べ熱伝導率の低い木を構造部材に使用している。このことから、実測とシミュレーションにより木製フレームハウスの優位性を検証する。

介護施設における使用実態調査

長野県長野市の介護施設を対象に、実測を行い、使用実態を把握する。そして介護施設における省エネルギー化と、高齢者の健康と安全を実現するために、空調などの効率的な運用方法を分析、検討する。

消臭剤による糞便臭除去効果の検証実験

長野県長野市の介護施設の使用済みおむつ保管室において消臭剤(不快な臭いを取り込み、良い香りに変える消臭剤)を用いて、糞便臭除去効果をアンケート調査と測定器を用いて検証する。

年度別研究テーマ・実績

Achivements

所有している研究に用いる計測器

Measuring Instrument