About-Takamura-lab.

高村研究室について

プロフィール

Profile

高村 秀紀(たかむら ひでき)

国際的な目標である持続可能な開発目標(SDGs)を実現させるために日本政府は「省エネ・再エネ、気候変動対策、循環型社会」を取り組みの一つに挙げています。高村研究室では再生可能エネルギー(太陽光発電など)を設置し、断熱や高効率設備を導入して省エネルギーを達成し、資源循環が可能となる建築物の開発を目指します。建築物のエネルギー消費量は使われ方や気象条件に左右されます。また、どんなに素晴らしい技術や設備も実際に施工されなければ意味がありません。高村研究室では理論解析とフィールド調査を両輪に研究を進めています。
ゼミでは各人の研究進捗報告に加え、ゼミで取り組む研究テーマについて議論します。ゼミで取り組む研究テーマは複数あります。複数の学生で1つのテーマを計画段階から取り組み、ゼミで報告し、研究室メンバー全員で議論します。

教員組織

学術研究院(工学系)

教育組織

工学部 建築学科

職名

教授

研究分野

建築環境・設備

現在の研究課題
学歴
  • 2001,信州大学大学院工学系研究科システム開発工学専攻博士後期課程修了
  • 1998,信州大学大学院工学系研究科社会開発工学専攻博士前期課程修了
  • 1996,信州大学工学部社会開発工学科卒業
受賞学術賞
  • 2010,エネルギー資源学会 第14回茅奨励賞
研究職歴等
  • 1998-2004,株式会社 カネカ 住宅資材部
  • 2004-,信州大学工学部社会開発工学科助手
  • 2010-,信州大学工学部建築学科准教授
  • 2018-,信州大学工学部教授

研究活動業績(著書・発表論文等)Achievement

著書

  • 建築設備技術者のための知っておきたい住宅設備設計の基本オーム社 2012(Sep.)

論文

  • 全館連続暖冷房における高断熱・高気密二世帯住宅のLCA -その1 断熱仕様をパラメータとしたLCCO2の比較-日本LCA学会誌,16(2):106-129 2020(Apr.) Author:勝地夢斗、高村秀紀
  • 大平面オフィスに導入された自然換気システムの性能評価空気調和・衛生工学会論文集,43(251) 2018(Apr.) Author:高村秀紀・青山純也・中川滋・西本真道
  • ⽣産規模の異なる2⼯場で⽣産された合板の環境影響の比較エネルギー・資源学会論⽂誌,38(6) 2017(Dec.) Author:⾼村秀紀・吉岡耕
  • 住宅解体時に発生する残置家電台数の将来推計日本建築学会環境系論文集,81(730):1163-1171 2016(Dec.) Author:池田尊彦、高村秀紀

教育活動実績Educational Activity

授業等
  • 前期,設計基礎Ⅰ
  • 前期,⼯芸デザイン製図Ⅰ
  • 後期,建築エネルギーマネージメント
  • 後期,プロダクトマネジメント論
  • 後期,プロダクトマネジメント論演習
  • 後期,建築環境工学実験
  • 後期,サスティナブル建築設計学

卒業生進路実績Track record

インフラ

東京電力 中部電力 東北電力 JR西日本

ゼネコン

大林組 竹中工務店 長谷工コーポレーション 前田建設

サブコン

高砂熱学工業 大気社 三機工業 ダイダン 三建設備

ハウスメーカー

トヨタホーム セキスイハイム 大和ハウス工業 アルプスピアホーム フォレストコーポレーション サンプロ

公務員

防衛省

その他

NTTファシリティーズ ドムズデザイン 日本管財 建装工業 LIXIL

研究室の様子Gallery